ママ活で遭遇したヤバい女性との体験談!プロフで分かるヤバイ女の特徴とは

ママ活で遭遇したヤバい女性との体験談

ママ活は女性とエッチして稼げるから楽だよね」なんて考えている人も多いでしょうが、なかにはヤバい女性と遭遇するリスクもあります。

 

そこで今回は、ママ活に潜む信じられないようなヤバい女性を紹介します。

 

危険な女性の特徴を把握できますから、いざというときに迷うことなく逃げらるでしょう。効果的な対処方法も解説しますからヤバいママの対策に役立ててください。

ママ活で遭遇するヤバい女性の特徴

ママ活で遭遇するヤバい女性の特徴

ママ活で出会うヤバい女性は大きく分けて次の3タイプです。

注意

  • 容姿(身体)がヤバい
  • メンタルがヤバい
  • 道徳心がヤバい

容姿がヤバいのは一目見て分かりますね、ストレートに言えばデブやブスです。しかし残りのタイプはパッと見ただけでは分からないので厄介です。

下手に顔やスタイルが良いと「アレ、この子なにかおかしいな……」と思っても問題から目をそらしがちです。

メンタルがヤバい女性でありがちなのは執着心や依存心がハンパじゃないタイプです。1度顔合わせしただけの相手に数分ごとにメッセージを送ることもあります。

道徳心がヤバい女性は普通に犯罪者です。ママ活は口実で、警戒が甘い男から金品を盗むのが目的です。

次の項目ではより具体的に各タイプのヤバい女性に迫ります。

ママ活で出会ってしまった実在するヤバすぎる女たち

ヤバいママ活女性の話は体験者に聞くのが一番です。出会い系サイトを中心に信じられないようなママが存在していることを実感してください。

彼らの体験談を読んで、ママ活にはこんな女性もいることを肝に銘じましょう。

100キロ超えてそうなデブ女

100キロ超えてそうなデブ女

初顔合わせの待ち合わせ場所に待っていたのが2人分の席が必要なほどデブな女でした。すでにトレンドではなくなった花柄のワンピースから見える腕や脚は男性の太もも並みに太く「これでは男が寄り付かないよな」と思いました。

さらに髪は少し薄くて顔は伊集院光です。

「これとエッチするの⁉」と戸惑いましたが抱き心地は良く、人をダメするクッションに近い包まれる感じでした。顔は見ないようにして「これは大きなオナホだ」と言い聞かせてエッチしたら、なんとかいけました。

特殊性癖で心身ともにボロボロに

特殊性癖で心身ともにボロボロに

顔合わせで食事もせずにいきなりセックスの話をしてきたので変だとは思ったのですが、ラブホで詳しい話を聞くとスカトロに付き合って欲しいと言われました。

10万円払うと言われ首を縦に振ったのが運の尽き、いや始まりで、すぐユニットバースに連れていかれイチジク浣腸を刺されママのお腹の上にしました。

ウンコを体中に塗りながら挿入するよう言われましたがニオイがひどくて勃ちません。しまいには女性に向かって吐いてしまう始末。フラフラになって帰りました。

千円でセックスさせようとするケチブス

ケチなママ

その日出会った40代ママが最初に提案してきたお手当はたった3千円でした。それほどイケメンでもありませんし、その日は他に予定も無かったので3千円でももらっておくかとホテルに行ってプレイ開始。終わった後、お手当をもらおうとしたら「あなたも楽しんだから千円でいいよね」と千円札1枚しか渡しません。怒ったら、「警察を呼ぶ!」と騒がれたので面倒になって帰りました。阿佐ヶ谷姉妹に似た最悪のオバサンで二度と会いたくないです。

性病にかかっていることを黙っている

性病にかかっていることを黙っている

ママ活を始めて驚いたのが性病にかかっている女性が多いことです。性病にかかっているならセックスしないのが常識的なマナーですが、そういった道徳心は欠片ももっていないようです。この前相手をした女性は性病持ちなのに生ハメを要求してきたので本当に最悪でした。下着を降ろしたとき嫌な臭いがしたので問い詰めたら白状したのでギリギリセーフでしたが、相手にうつすことを何とも思っていないのは許せないです。

体臭(アソコのニオイ)がキツかった

体臭(アソコのニオイ)がキツかった

それまで女性の体臭がキツイというのは冗談か何かだと思っていました。しかし、日本各地で40℃近い気温を記録した日に相手をしたママは殺人級のニオイを持っていました。どことなく叶姉妹の姉に似た品の良さそうなママで、変なところは何も無し。しかし下着を脱いだところから事態は一変しました。部屋中にドブが溜まった側溝のようなニオイが充満していきます。吐き気を抑えながらセックスしたのは初めてでした。

怪しいサービスを勧誘してくる詐欺ママ

勧誘してくる詐欺ママ

30代半ばくらいのママでけっこうカワイかったので待ち合わせ場所で見かけたときは「ラッキー」と思いましたが顔合わせでママの話を聞いて違和感を感じました。

お手当を増やして欲しいかと聞かれ、そうして欲しいと答えたら投資の話をされました。

種銭はママが用意するので投資サービスに入会するお金だけ払ってほしいと言うのです。入会料は5万円で、格安らしいのですが怪しすぎます。そもそもお金をもらいに来ているのだから、逆に請求しないでほしい。

【男子大学生に迫る危険なママ活】ママ活でよくあるリスク8選

【危険】ママ活詐欺の手口を公開!被害に遭わない対策

続きを見る

人の物を平気で盗むヤバいママ

人の物を平気で盗むヤバいママ

ラブホでシャワーを浴びてるうちに財布を盗まれて逃げられることがあると聞いていたので、警戒してバスルームに持っていける防水財布を使っていました。しかしまさかエッチの際中に財布の中身を盗めるママがいるとは思いませんでした。ママ活の帰りに立ち寄ったマックで財布を視たらエッチの前に受け取った8千円のうち5千円がありません。盗み方やバレないようにする工作が巧みすぎます。その技術をママ活以外に活かせばいいのに。

依存心が強すぎるストーカーママ

依存心が強すぎるストーカーママ

稀にですがヤバいほど依存心が強い女を相手にすることがります。とにかくアプリの返信が早く、昼間であれば1分以内に必ずメッセージを返してきます。

それ自体はとくに問題はありませんが、眠るまでひっきりなしにメッセージを送られるので煩わしくて仕方ありません。

他のママとも連絡を取る必要があるのでハッキリ言って邪魔です。結局ブロックするまで1時間に15回ほどやって来るメッセージが止まることはありませんでした。

ヤバい女性かどうかプロフで見分ける方法

ヤバい女とデートとすると高確率で被害を受けます。場合によっては夫が出てきて裁判沙汰になることもありますから早い段階で危機を察知して距離をとることが大切です。

ママ活上級者から聞いたヤバい女のプロフの特徴を紹介しますから参考にしてください。

ラインIDが公開されている

ラインIDといったら今では大事な個人情報のひとつです。簡単に変えられませんし、複数持つにはお金と手間がかかります。そんな重大な情報をプロフに堂々と記載しているママは危機意識が欠落しているか、詐欺や業者の可能性が高いです。いずれにしても付き合ってプラスになることは無いので無視しましょう。

プロフの写真が加工されている

プロフの写真が加工されている

プロフの写真が芸能人やモデルクラスにカワイイ女性も要注意です。そんな子がママ活するはずはありません。

十中八九、顔や体に自信が無いか女性か詐欺師です。容姿が良すぎる、もしくはアプリで加工した感が強いプロフ写真の女性には手を出さない方が無難です。

ビジネスや投資を勧める文章が書かれている

プロフやママ活相手を募集する書き込みに「稼ぎませんか?」的な内容の文章が含まれている場合は投資教室などの勧誘を密かに行っている業者と見て間違いありません。お金を欲しがっている人に稼げるからと言って資金を出させるのは昔からある詐欺の手口です。

典型的なやり方ですが人の金銭欲につけ込むので引っかかる人が多い詐欺でもあります。魅力的な女性に勧誘させるケースが目立つので美人に弱い人は注意してください。

一般的でない性癖を持っていることがプロフでアピールされている

スカトロやイメクラ的な特殊な性的趣味を持っている女性は少ないですが存在します。

欲求を解消したくて仕方がない女性でも、アプリのプロフには性癖のことは記載していません。

蒼太
「アブノーマルなプレイ、色々な性癖に対応できる方を歓迎します」のような文章が書かれている女性は危険です。ラブホで何をやらされるか分かりません。

待ち合わせやデート場所が指定されている

待ち合わせやデート場所を指定してくる女性は業者の確率が高いです。

一番怖いのは美人局をしかけられるケースでしょう。待ち合わせ場所のラブホに入るとすぐに男が入ってきて「俺の女と何やってんだ!」と因縁を付けられ金品を要求されます。

プロフにデートで会う場所が指定されている女性は警戒すべきでしょう。

ママ活で男子が遭遇する美人局トラブル

ママ活で男子を狙う美人局の手口と特徴&被害に遭わないための対策

続きを見る

ママ活でヤバい女性に遭遇した場合の対処策

ママ活を続けているとヤバい女性に出会うこともあります。そんなとき咄嗟の判断で最良の選択できるよう対処策を知っておいてください。初心者にもできる簡単な対策です。

即座にラインをブロックして連絡を絶つ

女性と知り合って間もないなら危険を察知した時点でラインやアプリをブロックしましょう。メッセージを読むのもストレスになりますし、どんな策をこうじてくるか分かりません。

ラインやアプリで1度だけメッセージを送り合っただけの関係ならブロックすることで結び付きを完全に切れます。

蒼太
一度ブロックすれば相手のメッセージを2度と見ることはありませんから、次の出会いに力を注げます。

2度とデートしない

最初の顔合わせデートで女性のヤバさに気づいたら、そのデートを可能な限り早く切り上げてください。そして帰り際にラインやアプリをブロックしましょう。

迅速かつ思い切って行動することで相手に強い気持ちを見せつけられます。「この男は無理そう」と思ってくれたらしめたものです。

この対策を有効にするためにも絶対に顔合わせで本名などの個人情報は伝えないでください。

名前や学校などは全て嘘のものを伝える

どんな人間か分からない相手に個人情報を伝えるのはリスキーです。女性がストーカー気質だと学校や仕事場に押しかけてくることもあります。

ママ活していることを近しい人にバラされる危険性もありますから、相手がしつこく聞いてくるときは嘘の情報を伝えましょう。

そのために事前に嘘情報を用意しておくことをおすすめします。情報によっては、その場で正しいものかどうか確かめられます。

ヤバい女性に悩まされたくないならママを簡単に信用しない!

以上、ママ活で出会ったヤバイ女性との体験談と、ヤバイ女性の見分け方について解説しました。

ママ活には信じられないようなヤバい女性がいます。関われば心か体、お金、プライベートのいずれかにダメージを受けるでしょう。

ヤバい女性の被害を受けないポイントはママを安易に信用しないことです。記事で紹介した「プロフでヤバい女性を見分ける方法」を活用してリスクを未然に回避しましょう。

© 2021 ママ活攻略ガイド